ダーツのパーツ(1) - ポイントとバレル

ダーツのパーツ(1) - ポイントとバレル

ダーツのパーツ(1) - ポイントとバレル

ダーツは大きくわけて矢先方向より、ポイント(ティップ)、バレル、シャフト、フライトの4つのパーツから構成されています。これらのパーツは分割・交換可能である場合が多く、自分にあわせてカスタマイズできるのもダーツの一つの魅力でしょう。

 

ポイント(ティップ)はダーツの先端であり、ボードに刺さる部分です。ソフトダーツではプラスティック製、ハードダーツでは金属製で、スティールティップと呼ばれることもあります。また、最近はソフトダーツの先端だけを金属製にすることでハードダーツにも対応できるようにしたコンバージョンポイントというものも登場しています。

 

ポイント(ティップ)にはロングタイプとショートタイプがありますが、前者の方がささりやすいです。また、隣接するパーツである「バレル」との接合規格として2BA規格と4BA規格の二種類がありますので、好みのバレルに応じた方を選びましょう。

 

バレルはダーツの本体とも言うべき部分の前半に位置する金属製の部分で、ダーツを持つ際にプレーヤーが持つ重要なパーツです。バレルが軽すぎるとダーツがうまく飛びませんが、かといって重くするためにバレルを太くすると、ボード上でダーツ同士が邪魔をして刺さるものも刺さらなくなるという弊害が生じます。かといって、細ければ細いで持ちにくい可能性もあります。これもいろいろなバレルを試して自分にあうものを見つけるしかありません。

 

バレルの材質は真鍮、ニッケル合金、タングステン合金など様々ですが、もっとも一般的なのは、細くても軽いタングステン合金のバレルです。一方、真鍮製のバレルは安価なので初心者がよく利用します。

 

バレルの重量は公式ルール上は50グラムまで認められていますが、実際にはハードダーツの場合で20グラムから25グラム、ソフトダーツでは15グラムから20グラムぐらいのものを利用する人が多いようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ