ダーツの投げ方(フォーム)

ダーツの投げ方(フォーム)

ダーツの投げ方(フォーム)

ダーツの投げ方(フォーム)って、結構自由です。うまい人でも信じられない投げ方をする人もいます。ダーツボードに向かっての立ち方でも、真正面を向く人、体の横を向ける人、あるいは斜めに構える人など様々です。要は自分に一番しっくりくるフォームを探すのが大事なんだと思います。

 

ダーツの握り方もそうなんですが、こちらは一般にダーツの重心を持つことが大事だといわれています。重心を持つためには、まずダーツを人差し指の上に置き、左右に傾かず水平になるように場所を調整します。そこが重心なので、この部分をその人差し指と親指でつまめばとりあえず「ツーフィンガー」という持ち方の完成です。ここからは好みなんですが、さらに中指を添える人(スリーフインガー)、中指に加えて薬指も添える人(フォーフィンガー)もいます。

 

ダーツの投げ方で重要なのは、投げる腕の肘の高さを固定し、肘が動かないようにすることです。ダーツのスローイングは肘を軸にして前腕だけを扇型に動かして行います。

 

ダーツをリリースする際は、手首のスナップをきかしますが、投げた後のフォロースルーは、手の先をボードに向けてまっすぐ伸ばす感じで行います。

 

いくら自由だといっても、危険な投げ方はダメです。ダーツを投げるのに力は要りませんので、野球みたいにワインディングアップしてはいけませんし、思い切り投げるのも禁止されています。アンダースローもダメらしいです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ