ダーツのゲームの種類

ダーツのゲームの種類

ダーツのゲームの種類

ダーツの遊び方はいろいろありますので、ここではそのいくつかをご紹介します。

 

どんなゲームでも、1回につき3本ダーツ(矢)を投げ、これをワンスロー(1ラウンド)といいます。ちょうど野球が各回表または裏でそれぞれ3アウトまで攻撃できるのと似てますね。

 

さて、一番シンプルなダーツ・ゲームは「カウントアップ」(Count Up)というものです。これは、各々8ラウンド、つまり3本×8=24本の矢(ダーツ)を投げて、その合計得点を競います。最高得点は1440点ということになります。

 

「カウントアップ」と基本的に同じルールだけれど、得点が認められるのがシングルブル・ダブルブル内にだけというゲームもあります。
「イーグル・アイ」または「イーグルズ・アイ」(Eagle's Eye)と呼ばれています。

 

「501ゲーム」は、最初に各プレーヤーに501点という持ち点が与えられ、この持ち点から各ラウンドの得点を減らしていって、最初に0点となったプレーヤーを勝ちとするゲームです。フィニッシュはちょうど0点でなければならず、マイナスとなった場合はその最後のスローは無視され(これをバーストといいます)、次のラウンドで再挑戦することとなります。尚、ソフトダーツでは最初の持ち点を501点ではなく、301点とか、701点とかに設定してプレーすることも行われており、まとめて「01(ゼロワン)ゲーム」とも呼ばれています。

 

「クリケット」は、ダーツの陣取り合戦といわれるゲームです。使用するのはボードの15から20のエリアとブルです。
クリケットでは自分の陣地にダーツを入れないと得点にカウントされません。あるエリアを自分の陣地にするには、そのエリアに3本の矢(ダーツ)を入れる必要があります(これをクローズといいます)。但し、トリプルリングに刺されば3本、ダブルリングは2本とカウントされます。
自分の陣地となったエリアにその後ダーツが刺されば、そこで初めて得点が加算されることになります。誰かの陣地となったエリアに他のプレーヤーがダーツを入れても得点はカウントされません。ただ、当該エリアをプレーヤー全員が陣地とした時点以降は、最初のプレーヤーもダーツを刺しても得点できなくなります。
「クリケット」は20ラウンドが終わった時点で最も得点の高いプレーヤーが勝ちとなります。但し、最も得点が高いプレーヤーが全エリアをクローズした場合は、20ラウンド以前でもゲームは終了し、そのプレーヤーの勝利となります。

 

「ラウンド・ザ・クロック」(Round The Clock)は、1から順番にダーツを入れていき、早く20(あるいはその後ブル)にダーツを入れたプレーヤーを勝ちとするゲームです。「ローテーション」とも呼ばれます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ