ハードダーツとソフトダーツ

ハードダーツとソフトダーツ

ハードダーツとソフトダーツ

ダーツの種類には、ハードダーツとソフトダーツがあります。

 

ハードダーツは先端(ポイント、ティップ)が金属のダーツで、もう一方のソフトダーツは、先端がプラスティックになっています。

 

但し、ハードダーツとソフトダーツの違う点は、それ以外にも様々な点に違いがあります。

 

ハードダーツのボード(的)は、現在ではサイザル麻を圧縮した、いわゆるブリッスルボードが用いられます。これに対しソフトダーツのボード(的)は無数の穴があいたプラスチック製です。ボードの大きさも異なり、我が国の場合ハードダーツでは直径34センチ、ソフトダーツでは直径15.5インチ(39.37センチ)です。

 

ソフトダーツでは、刺さった穴に応じてコンピューターが得点を自動計算するようになっていますが、ハードダーツではそのような仕組みはありません。なので、自分で点数を計算し把握しながら、相手と駆け引きする必要があります。そういうところも面白いんですけれどね。

 

一方のソフトダーツのボードはネットにつながっていて遠くの人とオンライン対戦できるものまで出てきています。もはやダーツボードというより「ダーツマシン」といわれる所以です。

 

スローラインからボード(的)までの距離も違い、ハードダーツでは237センチ、ソフトダーツでは244センチです。つまり、ソフトダーツの方が的が大きいけれど、的まで7センチ遠いということになります。

 

 

現在では、デジタル化によって様々な便利な機能を備え、危険性も低いソフトダーツが主流になり、ダーツ普及に勢いをつけています。


ホーム RSS購読 サイトマップ